2014年05月30日

【社名について】

万教同根を提唱している為、神宮とは称するものの、
教会でもあり、寺でもあり、無宗教の道場でもある。

教会としての名称は「ペトロクロス教会」、
寺院としての名称は「他力本願寺」である。

ペトロクロスとは「反キリスト」を象徴する逆十字だが、
カトリック教会に於いては、
「謙虚」を象徴する紋章としても使用されている。

他力本願はキリスト教の教義とも共通するが、
親鸞が説いた「阿弥陀仏の本願力」のことである。

但し、その「キリスト=阿弥陀仏」は外在神ではなく、
あくまでも内在神(真の自己)として認識して信仰し、
日蓮が説いた自力とも本質的に同一の教義である。

従って、当社の名称は「キリスト神宮」でも、
「阿弥陀神宮」でも何でも良いのだが、
再臨のキリストが弥勒菩薩であるが故に、
通称として「弥勒(666)神宮」と名付けられた。


posted by ZERO at 08:16| Comment(0) | 弥勒神社(666神社)について | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。